【11/25(火)】高岡大祐 シークレットライブ TUBA ±(テューバ プラスマイナス)@高松ノイズ喫茶 iL

0
    【11/25(火)】高岡大祐 シークレットライブ TUBA ± (テューバ プラスマイナス)



    TUBA + something... チューバ、プラス、何か…
    TUBA - something... チューバ、マイナス、何か…

    息と音に関わるもの以外を極端にまで削ぎ落とし、、、
    音と息に関わるものを果てしなく延長していく、、、

    日々変態する表現者、、、本年3月の演奏より、
    8ヶ月の時間が彼をいかように醸造しているのか、、、
    腐敗しているやもしれず、熟成しているやもしれず、、、
    腐敗と熟成の違いとは?
    その端境は、聴く者の舌に委ねられる、、、

    http://cage238.jugem.cc/?eid=430
    https://www.facebook.com/events/330709883779893/


    ・日時:2014/11/25(火) 21:00スタート(20:00オープン)
    ・料金:オープンチャージ(投げ銭)+ワンドリンク
    ・場所:ノイズ喫茶iL
         香川県高松市常磐町1丁目7−19
         http://www.facebook.com/NOISEiL








    ◆高岡大祐 tuba Daysuke Takaoka















    大阪出身





    20歳頃から大阪でストリートライブなどを始めその後商業音楽の
    世界で活動をはじめる。





    その後東京を中心に日本各所や欧州での即興演奏を多く行い、



    2000年代なかばよりベルギーのミュージシャン達との交流を深め首都ブリュッセルにも活動の拠点を持つ。





    独自に開発した数多くの特殊奏法を駆使しアコースティックでの表現を追求し、吹奏の限界拡張に挑戦中。





    近年は、低音金管楽器を特殊な共鳴体として捉えて、生音響を電子音楽のように演奏/操作し、アコースティック・シンセサイザーというような音響合成装置のように扱い、「音同士の干渉による自律した変化」に焦点を当てた演奏を多く行う。





    また、自身の自主レーベルより包装や録音も独自に特化したCD音源を多数リリース。



    超高感度無指向性マイクと超高解像度のDSD録音による即興演奏とフィールドレコーディングの中間のような作品を作る録音家としても活動している。





    近年の共演に坂田明、齋藤徹、広瀬淳二、秋山徹次、板橋文夫、一楽儀光、大友良英、加藤崇之、内橋和久、巻上公一、関島岳郎、類家心平、徳永将豪、石橋英子、山本達久、JOJO広重、ジム・オルーク、ジョン・ブッチャー、トッド・ニコルソンジャン・ローラン・サスポータス、エリック・ティールマンス、ペーター・ブロッツマン、ミッシェル・ドネダ、バール・フィリップス、エリオット・シャープなど多数。



    スポンサーサイト

    0
      • 2017.06.19 Monday
      • -
      • 08:51
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      twitter

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM