GATE to CAGE

最近は、主催音楽イベントの告知・報告です。


<< 「こだわり麺や」朝ごはん | main | 高田エージ@Ruffhouse >>



oh!舞茶会 @日暮亭

20070409_347152.JPG
土曜日はフルタケさんとちゃがまるさんの誘いで、栗林公園は日暮亭で茶会&雅楽舞

茶楽ってチームで、敷居の高いお茶を身近に楽しんでるらしい
色んな表現とコラボしていて興味深い


今回の目当ては雅楽
それも、笙の音

笙の音に魅せられて20年
初生体験はTIME(東京インターナショナルミュージックアンサンブル)の宮田まゆみさん
降り注ぐ笙の音に、泪が止まらず、気絶しそうになった

荘厳なパイプオルガンの神々しさとは正反対の、細胞の内側から、頭蓋の内側から響く、まさにミクロコスモスという言葉がふさわしいバイブレーション

現代音楽のCDを集め、ホンモノは買えないが、中国笙をロンドンの民族楽器ショップで入手したほど
(もちろん演奏はできない)


栗林公園は夜桜がライトアップされ、雰囲気は抜群

北門から最南奥の日暮亭まで、満開の桜並樹を潜りながら、花見客の喧騒が徐々に遠のき、既に演出は始まっている具合

日暮亭の裏
桜下に並んだ楽所(がくそ)は、漆黒に照らされ、まるで舞師や鼓、自らが光を発しているかのよう

花冷えの屋外で、笙のコンディションがイマイチながら、後半の3連ユニゾンは最高

あたかも、桜の花弁一枚一枚が震えて、音を奏でているような錯覚に陥る一時でした



帰って、武満徹の「秋庭歌一具」を聴きながら、余韻を反芻しました


フルタケさん、ちゃがまるさん
ありがとうございました
posted by cage238 01:41comments(0)trackbacks(1)


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://cage238.jugem.cc/trackback/147


武満徹の音楽
武満徹の音楽        ⇒ブログ王 武満徹の音楽        ⇒ランキング 内容(「BOOK」データベースより) 現代音楽に新しい地平を拓いた作曲家の主要134作品を分析・解説。 内容(「MARC」データベースより) 海外でも高い評価を得ている武
SAYONARA ONGAKU | 2007/04/09 3:47 PM