GATE to CAGE

最近は、主催音楽イベントの告知・報告です。





映画一揆 井土紀州2011 広島死闘篇 横川シネマ参集!

怒濤の三連休、2日3日目

連休初日は、嵯峨芸チームを見送った後
片原町のルビー商会3階で
詳しい内容は割愛しますが、とっても良い刺激をもらいました!
そのパワーを維持したまま、広島参集です!



法政大学時代の事業委員会先輩の井土紀州さん
その作品を一挙公開ってことで、四国上映も胸に秘めての参加
撮影カメラマンの高橋さんは唯一の事業委同期
久々の再会楽しみです〜

横川シネマは広島のミニシアター
こだわった上映運動を続けており、昨年も
「素人の乱」上映&松本哉さんトーク
「祝の島(ほうりのしま)」
上映を見に行き、結果「素人の乱」なタ書上映会の布石となった

その模様は(もう疲れたので)Twitterでのつぶやきを転載します〜
以下↓


車での広島までは波乱含みの天気だった

cage238 (ninomiya keiji)
映画一揆 広島死闘編参集途上。嵐のような風と雨!波乱必至!

てなわけで、手抜きブログでしたが
「映画一揆〜讃州編〜」蜂起を約束しての別れでした。
田んぼで野外上映、電車で一揆電車etc...
何が出来るであろうか、またみんなの智慧を借りねば!
posted by cage238 00:59comments(0)trackbacks(0)





9.19は反乱で一揆 9.23は集会で弔い

イベント目白押しの9月

私からのお誘いは2件

9.19は「素人の乱」で貧乏人の一揆! 

9.23は「芸術集会」で数式の弔い!

両方ともお勧めです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ドキュメンタリー映画 「素人の乱」鑑賞会(2008年/80分) 中村友紀監督作品

■日時:9月19日(Sun.) 19時〜

■場所:なタ書(香川県高松市)
http://natasyo.com/

■料金:1,000円(1ドリンク込み)
※無職、ニート、貧乏人、ろくでなしであることを証明するモノがありましたら
入場無料の上、1ドリンク(アルコールのみ)サービス。

■ご予約/問い合わせ:070-5013-7020 (なタ書:藤井)/ shirouto@cage.cc (ニノミヤ)
■主催:「素人の乱」高松1号店準備委員会

■共催:なタ書

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■「芸術集会 第16弾〜数式の弔い〜」

■日時:9月23日(thu.) 16時半〜

■場所:高松NOMUROCK HALL(香川県高松市)

■料金:1,500円(ドリンク別)

■詳しくは

こちらは、出るバンド、グループ全てお勧め。
とりわけ神戸からの「mement森」は昨年初見で引き込まれました。
昨年の私の報告weblogです
参考までに、、、

お誘いの口上は昨年のモノを気に入ってるので再掲


ベタで「芸術」ってコトバを使いすぎる昨今ですが
地方ではリアルな状況なんですねー

でも、この芸術集会は、芸術ってコトバの持つ
"イタさ"や"キナ臭"さも
含みおいてのイベントでございます

日々日常こそが病んでおり
しかし疾病の中を生き抜くことでしか
生は実感できない
此処ではない何処かではなく
此処でもあり彼方でもある
そんな変態どもがゆるーくダベるひととき

芸集第16弾 今年も張り切って どうぞ〜♪
posted by cage238 20:47comments(1)trackbacks(0)





週末予定「祝(ほうり)の島」「おやすみアンモナイト」「素人の乱」「モノノケシアター」「鏡池物語」

週末はバタバタとこんな予定
贅沢なお独り様なのでよろしければご一緒に?

広島は横川シネマで
http://yokogawa-cine.jugem.jp/

「おやすみアンモナイト」
「素人の乱」
http://www.oyasumiammonite.net/
http://trio4.nobody.jp/keita/eiga/index.html
松本哉、増田俊樹監督トーク
これ、高松で上映したいし、、、。

翌日は
「祝の島(ほうりのしま)」
http://www.hourinoshima.com/
を観戦して


日曜日、高松帰ってきて
河野さんと一緒に「アートで田んぼ」を始めた村井さんの
「モノノケシアター」

そのあと、田村神社で引き続きの
野外劇団 楽市楽座 「鏡池物語」

をば見てきます。



いやいや
高松の皆様は
シオタナオキ御大の
「Boys Wonder」押さえときましょう!

行けなくてスミマセン、、、。
posted by cage238 22:08comments(0)trackbacks(0)





こんにちは!KGCアートプロジェクトさん!

 日曜は予告通り、

「こんにちは!KGCアートプロジェクトさん!」
別名ハタジ瀬戸際芸術祭

におじゃましました

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=48510956&comm_id=4409693

今回はLirioデザインのトーリさんとのコンビです

善通寺の田んぼの真中、花き選果場の隣の倉庫
辺境でのアートギャラリーという新しい試み

出店と集客が怪しいかなと思ってましたが、なんのなんの
盛況でした



メンツは、ハタジ・キキ界隈の知った顔
プラス
トーリさんとアルッテ界隈で
今までニアミスと言うか、一緒になっていなかったメンバーの
大同団結状態

これだけでもローカルではすごいことだ

とはいっても、公開ラジオ録音は直島にもましてグダグダ

これでほんまにラジオトークかい!

ライブは音響系のトリトヒトなど充実


DJは讃岐で今もっとも集客できるオトコマエ
U-TAくん

なんてカッコいいんだろう
個人的には、サルガボの鳥越さんに似ていると思う
UーTAくんにコントラバス弾いてみて貰いたい!

当日は満濃の競輪啓蒙啓発家zevonkeirinさんにお会いできたし
その他、ご無沙汰しておりました多くの面々に再開

こういう場を作るパワーこそ今ローカルに求められるもの
自分も、そのあたりを目指して行きたいと思います

といったところで、同志ハタジへのエールに代えさせていただきます

posted by cage238 23:21comments(0)trackbacks(0)





更新フリーズ!& 越後妻有

すっかり更新が止まってます。
が、ますます元気にインチキに生きてます。

実はこちらです
http://twitter.com/cage238

本来は、twitterで貯めて
blogで表出するもんらしいのですが

敷居の低さから、twitterばかりで
サボっちゃってます

これまたiphone3Gとの相性がいいんだなぁ


ところで越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」見てきました!
書き尽くせない刺激と、記録写真、印刷媒体を入手
少し心が逸っています

色んな意味で、、、!
posted by cage238 18:52comments(4)trackbacks(0)





レインボーマーボー

20090530175636.jpg
今日は林さんのお誘いで
建築士会の中四国大会に潜り込んだ

会場は懐かしの船の体育館
(最近、船づいてる?)

丹下健三氏の作品である

講演は丹下健三研究の第一人者
藤森照信氏
と、いっても門外漢なので全く知らない
内容は素人でも分かりやすく興味深かった

どうやら讃岐は建築王国らしい


僕にとって建築といえば
多感な時期のほとんどを過ごした
いや、住んでいた「法大学舘」
学舎たる55年舘58年舘
(文化会館や東京さぬき会館の設計をした大江宏さんですね)
よりも遥かに時間を過ごした
学舘も2004年に解体されたのだが
気になって調べると
設計者である河原一郎氏は
昨年6月に既に他界されていた。

ここにも時代の節目を感じる


終わった後はサンポート29階
陳健一の四川レストランで
本格麻婆豆腐

辛さに汗を吹き出しながら
ふと外を見ると屋島に虹が!
(写真見えるかなぁ)
Projectの幸先を祝うかのよう
これは縁起がいいや

20090530183003.jpg
posted by cage238 18:28comments(2)trackbacks(2)





アマモリはしませんねアマリさん

20090525062032.jpg
「船、山にのぼる」上映
ご来場頂いた皆様

本当にありがとうございましたm(__)m

なタ書の雰囲気と
参加者の雑多な個性も相まって
それぞれが何かを
持ち帰って貰えたのではないかと思います

また、本田監督は
こんなに人前で饒舌に
語れる人だったんだなぁ
と、驚きもあり
大学時代の学友連中にも
しかと報告せねば
と、思いつつ

岡山の自由工場の話を伺いながら
やっぱり地方においても
誰かに据え膳で与えられ
準備されたのではなく
自分達で運営する"場"の大切さと
そこから波及する効果の
広さ、深さを実感しました

瀬戸内国際芸術祭もしかり

これは県、あれは市
そっちはベネッセetc...

そういうのを無しにして
まさに自律遍在な出来事造りの場として
ちょいと参加したい

来週は直島に某Project下見です
どうなることやら…。
posted by cage238 12:37comments(4)trackbacks(2)





本番開始まえ!

20090524132346.jpg
準備は万端

本田監督もスタンバイ
坂出山下うどんで海老のかき揚げも堪能し

後はお客様を待つばかり

はたして…
posted by cage238 13:28comments(0)trackbacks(0)





「船、山にのぼる」高松上映会決定! 監督トークあり!


 

「船、山にのぼる」というドキュメンタリー映画の上映と
本田監督によるトークを、「なタ書」(高松の模索舎みたいな古本屋?)
にて行います。

前日が津山の上映会だったので、監督に無理を言って
急遽高松上映&トークにしちゃいました!

公式ページ
http://www.fune-yama.com/
こちらは監督のブログ告知ページです。
http://www.fune-yama.com/diary/archives/533.html

建築家と美術家と写真家からなるユニット・PHスタジオが
彼らと、ダムに沈む村に住んでいた人たちが紡ぎ出す
「船をつくる話」
ダム開発と水没する村人の記憶と歴史をめぐる、
12年にわたるプロジェクトを記録したドキュメンタリーです。

本田監督は岡山出身で、近いところでは2007年の岡山映画祭で上映されたました。
↓ そのときの報告です。
http://cage238.jugem.cc/?eid=189
音楽担当は「風の楽団」という、ちょいワールドミュージック系で有名なバンドで
メンバーの岡野さんは高松の方です。(当日はサントラも売ってます。)

--------------------------------------------------------------
日 時:5月24日(日)
    第1回上映14:00〜 第2回上映17:00〜
    (2回目終了後、本田監督のトークあり)

場 所:select books なタ書
    http://natasyo.com/
    (香川県高松市瓦町2丁目9-7 2F)

入場料:1000円(入れ替え制)
主 催:マヂラボ
問合せ:070−5013−7020(藤井)
    funeyama@cage.cc
--------------------------------------------------------------

大きな地図で見る
posted by cage238 09:38comments(2)trackbacks(23)





淡翁荘

20090519122700.jpg
午前中、坂出営業の〆を鎌田醤油さんにして

昼はそのまま
四谷シモン人形館 淡翁荘へ

昨年夏に増えた住人達に
未だ拝謁かなってなかったので
じっくりご挨拶
(写真はその一部)


それにしても
「木枠で出来た少女3」
には、相変わらずコトバを喪う

極めつけは
パンフレットの朱砂色ベタのノリ・・・。


萌えます。
↑そこかい!



オマケは日の出製麺でうどん大


さぁ
午後もガンバレマス
posted by cage238 12:40comments(2)trackbacks(0)