スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.06.19 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    来週4/3(日)フリマ出店しま〜す。

    0
      とってもおもろいドラム叩き、讃岐の仕掛け人
      海堀賢太郎さんの声掛けで東北震災復興支援イベントがあるそうなんで
      http://yaplog.jp/fushigido/archive/2825
      これは、いっしょに遊ばないかん!

      「アートスクランブル2011」
      http://scramble.human-fly.net/

      とのことで、わたくしは連れ合いとフリマで出店いたします!
      何気に人生初フリマ!屋号は「るな屋」!
      何を売っていいやら??

      ってことで、家の中を引っ掻き回して、こんなもんを集めました。

      目玉は
      新品未開封のホームベーカリー保証書付(Amazonで18000円相当)!
      買って開封後一度も使ってないフットスパ(Amazonで13000円相当
      中古冷風機(動作確認済み)
      中国茶セット
      新品未使用「HERMESキーケース」
      新品未使用ブランドネクタイ
      インチキ雑貨
      テキトーな古着などなど

      値段は当日のお楽しみ〜
      売り上げは主催者経由で全額義捐金(ぎえんきん)にまわします〜


      イベント概要
      開催日時     2011年 4月3日 (日曜日)    
            9:00開催  / 17:00終了
      開催場所     旧新塩屋町小学校体育館    
            〒760-0060 香川県高松市末広町5 

      内容
      ●メインイベント: 被災地の県の形(地形)をかたどった大きな紙に、
      来場者にペットボトルの蓋に各々の描きたいもの
      (被災者への気持ちや願いを描いてもらい、大きな紙の上に置いていってもらう参加型。
        ペットボトルの蓋を並べたり積み重ねたりして、現地の復興 していく明るい未来を願い、
      形にしていく。
       ●その他 : 各参加アーティスト、賛同頂いた参加者にワークショップ、
      展示、パフォーマンスを行ってもらいそれを通しチャリティーに参加してもらう。


      大きな地図で見る


      ドキュメンタリー映画「素人の乱」鑑賞会 at なタ書

      0


        「路上を我らの手に奪還せよ!」

        ってな大袈裟なもんではないのですが、またまたおさわがせ古書店
        「なタ書」と共謀してドキュメンタリー「素人の乱」
        上映をいたします。
        イベント目白押しの9月、それも連休の中日にすみませんね〜

        ■ドキュメンタリー映画 「素人の乱」鑑賞会(2008年/80分) 中村友紀監督作品
        http://trio4.nobody.jp/keita/eiga/
        http://www.youtube.com/watch?v=wPidzXrq4-s

        ■日時:9月19日(Sun.) 19時〜

        ■場所:なタ書(香川県高松市)
        http://natasyo.com/

        ■料金:1,000円(1ドリンク込み)
        ※無職、ニート、貧乏人、ろくでなしであることを証明するモノがありましたら
        入場無料の上、1ドリンク(アルコールのみ)サービス。

        ■ご予約/問い合わせ:070-5013-7020 (なタ書:藤井)/ shirouto@cage.cc (ニノミヤ)
        ■主催:「素人の乱」高松1号店準備委員会

        ■共催:なタ書

        振るってのご参加をお待ちしております!

        以下、口上です

        「1億総貧困時代」、「反貧困ネットワーク」、「貧困ビジネス」...
        いつの間にか社会学のタームになってしまった「貧困」
        でもようするに
        「貧乏(びんぼう)」
        ってことですよね。
        「貧困」っていわれるといつの間にか他人事、社会現象のように勘違いしてしまいますが
        「貧乏(びんぼう)」っていうと、貧乏自慢やら貧乏暇なし、器用貧乏etc...
        なんだか親しみと楽しさが沸いてきます

        そんな「貧乏」をおもしろおかしく捉え直し、空白のゼロ年代を疾走する松本哉(はじめ)さんのドキュメンタリー

        シャッター街だった高円寺北中通り商店街を、鼻つまみ者だった若者達で再興
        リサイクルショップ「素人の乱」をはじめとして、次々と仲間が店をオープン
        現在は15号店まで拡がり高円寺北中通り商店街だけで7店舗、東京で10店舗が営業中
        さらに、波紋は広がり勝手に大阪や京都でも「素人の乱」を名乗る店がオープンし始めて
        当の松本哉さえ把握し切れていないという、ゆるーいムーブメント

        とはいっても、映画は「真面目な街作り」とは真逆の、
        テキトーでいいかげん、時にははた迷惑なお騒がせ集団のお話し
        「高松中央商店街の活性化」や、「アートで町おこし」のヒントを探しに来たなら
        手ぶらで帰ることうけあいです!

        「騒ぎを起こしたい!」「デモがしたい!」
        要求は「家賃をタダにしろ!」「働かねーぞ!」
        手段は、サウンドデモ、路上鍋、路上七輪サンマ焼きetc...
        そして、ついには選挙に立候補!
        公職選挙法を逆手にとって、高円寺駅前でやりたい放題!

        あらゆる社会運動が収束し、その担い手たちは反動化するか
        政党や労組などの職業組織に固定化するか、
        世捨て人のような個人実践と化して、拡がりを欠いてきた90年代以降
        法政大学で学生運動に関わりながらも、その枠に納まりきらず路上に飛び出し
        日本では空白であった欧州型の社会ムーブメントに自力でたどり着き、
        サウンドデモなど、その手法を借りつつも、独自の「ノリ」で楽しんでいる
        こんなにも元気でアホらしい、素敵なムーブメントが日本にもあったのだ!

        「街を遊び場に変えろ!!!」

        ■「素人の乱」公式ページ
        http://trio4.nobody.jp/keita/

        ■松本哉さん著作
        『貧乏人の逆襲!タダで生きる方法』(筑摩書房)
        http://www.book.janjan.jp/0809/0809180547/1.php
        『貧乏人大反乱−生きにくい世の中と楽しく闘う方法』(アスペクト)
        編著に『素人の乱』(河出書房新社)

        ■「マガジン9(憲法と社会問題を考えるオピニオンウェブマガジン)」松本哉さんページ
        http://www.magazine9.jp/matsumoto/

        以上でございます!

        自分の中のシニシズム

        0
          香川県知事選
          今週末になった

          多分期日前投票に行くと思うが
          その前に吐き出しときたいんで
          若干、、、、

          政治ネタはあまり好まれないようなので一度だけですが、、、


          今回は本当に盛り上がらん
          投票率30%割るんちゃうかと思わされる
          てか、盛りあがるわけないわの

          「一票の力」や「みんなで作る民主主義」が
          所詮幻想であることは分かっとる
          でも、それを分かった上で参加しとるんやないの?

          今回はそれが直球でベタに崩されとる
          だれも、隠そうとさえもしてない

          生活に直接関わる首長の選挙が
          このご時世に、四党相乗りの組織票だけで決まろうとしとる
          これで、真面目な顔をしてゲームに参加しろとゆう方がおかしいわ

          いかさまがわかってときながら
          なけなしの全財産をBetするようなもんや

          あほらしゅうてやっとれん

          選挙公報を見る限り、誰がええかはよう分からん

          ちなみにわしの父親は、某相乗り候補を推しとる
          なぜなら、彼の選挙参謀が旧知の元県庁職員で
          彼がブレーンについていれば県政は良くなるんだ!
          とのこと

          ここでいう「良くなる」とは
          現在の、過度な入札やコンペによる地元業者イジメの現状や
          結局、資本力と信頼・安心があるように見える中央大手がおいしい所を持って行く構造
          それが是正されて
          地元の、真面目で真に県のことを考えている業者に
          きちんとお金が回る仕組みが出来るというのだ。
          ほんで、真鍋県政の悪かった部分が一掃されるらしいわ

          なるほど確かに、その某参謀は、私自身も心より尊敬する御仁のひとりやし
          彼が行政から飛び出した(はみ出した)時の問題意識が、
          万一県政に生かされれば素晴らしいと思うわ
          (彼が立候補したならわたしは全身全霊で応援するやろな)

          しかしよーに考えてみて
          調整能力に秀でた、ロートル官僚が田舎に帰ってきて
          今までの県庁の仕組みや人間達を否定して
          当選後に(その県庁から飛び出した)一介の野武士のアドバイスをはたして聞くんやろか?


          ほんで、されに言わせてもろたら
          入札がめちゃめちゃになって業者がくるしんどんは
          入札制度による部分はほんの端緒であって問題は他にある

          赤字落札してでもキャッシュフローを回さんかったら潰れてしまう
          そして、「絶対に会社を潰すわけにはいかない」
          やり直しのきかない名ばかりに「株式会社」制度
          そんな地元中小零細企業の現状
          その背景は、連帯保証人制度や、金融期間の目利きなしのいい加減な融資合戦
          また、市場規模以上の仕事を役所に依存して増殖してきた業者サイドの未再編の問題etc...

          そんな、知事が替わったくらいでどうにかなるもんでもない


          話がそれたけど、結局どの候補にも期待できん!というメンタリティーに陥る、、、。
          満を持して政権を奪取した、現政権政党への落胆も、その気分に追い打ちをかけとる

          ついには投票行為そのものが、制度の正当性担保のために利用されているだけちゃうん?
          投票すること自体が犯罪的行為に思えてくるわ、、、。


          それでも、、、、

          それでも、シビリアンとして生きるなら、政治は選択でしかない
          A、B、C,と選択肢があれば、選ばないかん
          だれも選択せんのやったら
          クーデターか蜂起でもするしかない
          Mr.外山恒一に続くしかない!→その覚悟はまだない(笑)

          んー
          こんな自分のシニシズムを抑えるのは至難の技やけど
          せめて、ここまで政党政治にバカにされていることの怒りをモチベーションに
          今回は批判票を投じに行く

          市民が政治に関わるのに「怒り」は重要な動機やと思う

          いろいろとノイズはあるが、わしは「渡辺某」に1票を投じるつもり
          でも、気分は某相乗り陣営の、あまりにも馬鹿にしたやり方への怒りの批判票や!

          ご存じのように、知人に頼まれて女性候補の映像をMyユツベにはよっけアップした
          「ピクニックディスコ」と「ワタナベサトコ」で韻を踏んでみた!わけではない。
          応援の勝手連の皆さんは大好きな人たちで、心から信頼できる
          自分の仕事もかねて、媒体のお手伝いもした

          ほなけど、候補そのものに入れ込めんし、そんな革命的に県政が変わるとも期待しとらん
          (ちょっとは期待しとるんやけど、また裏切られるんが怖いけん、あんまりせん)
          結局は、参加・引き受ける政治の仕組み作りの問題やし
          その覚悟を、自分自身磨くことのほうが大事な気がする、、、。


          以上、とりとめなしの現状気分でした



          はき出してすっきりしたんで、
          週末までのどっかで、ほろ酔い千鳥足で、投票いってきます!



          19890604

          0
            昨晩は、久々に
            大友良英アルバム「We Insist?」より
            a)Rinko-Gun b)X-day



            同じく大友さんの「Ground-Zero」より
            Ground-Zero 890604

            をリピートで聴きまくる。

            10代最後の年

            ヒロヒトさん下血
            即位の礼・大嘗祭情勢の中

            御上りさんよろしく
            世間に足を踏み出した
            最初の6月…。

            Bloody June

            あれから20年

            時代も世代も
            何が変わったというのだろうか

            自分の視座がシフトしただけではないのか

            せめて、立ち位置に疑問をもって
            何も出来てなくても
            居心地悪さに
            悩み続けたい

            鍵(ケン)は剣よりも強し@四国新聞「一日一言」

            0
               ふつうは
              「ペンは剣よりも強し」なのだが、今風にペンを鍵(ケン)盤(キーボード)に見立ててみた。

              巷では、当たり障りのない言説が“KY”という名の同調圧力に伴い、幅を利かせているようだ
              周りのとんがった連中は、それに苦言を呈していたりもする

              ところで、この地には「四国新聞」という、
              地元一番の放送局と根っこを同じくする、地方保守論壇を絵にかいたような新聞が存在する

              その中のコラムで「一日一言」という山椒のようにスパイスの利いた言説がある
              おいおい、琉球新報よりラディカルじゃないか!
              と思わせる文章がたびたび見られ、これだけ読むために購読してもいいくらいだ
              ここだけなら全国に誇れる新聞だ

              たぶん、微妙な立ち位置はあるのだろうが、そのエッジを微妙に越境しながら
              チクリと刺す文体は、アイロニーも多用され、心地よい時すらある
              今日のコラムもなかなかではないか!

              こういうものに触れるにつけ
              自分がくだらないことを日記に綴る意味を見失ってしまう

              いや、なんのこたない
              数か月も更新してなかった言い訳なんですけどね・・・。

              そのうえ、パケホをパケホダブルに切り替えたもんだから
              パケ代980円を目指して、ブログへの投稿を控えとりました

              まあ、くだらない表出でも、自己と向き合うために
              ぼちぼちブログ再開しようと思います・・・。

              また、よいよいお付き合いください。

              「フツーの仕事がしたい by 土屋トカチ」@サンポート高松

              0
                フツーの仕事

                ケン・ローチやマイケル・ムーアの諸作同様、
                これぞ記録映画の迫真ではないか!

                ここにあるのは、産業革命以降、地球上にあまたあった、
                そして今もある、平和に生きる権利を希求する者達の、
                尊厳をかけた「怒りの作法」である。


                中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン/モノノケ・サミット)


                震えるほどの怒りと、それ以上の感動をもらった。
                映画の中、何度も一緒に怒り、泣き、笑った。
                フツーに働き、フツーに生きることが困難となってしまった21世紀。
                それを取り戻すための尊厳をかけた闘いの記録に、
                ものすごく大きな勇気をもらった。


                雨宮処凛(作家)



                さる1月18日に、サンポート高松にて
                およそ、そのバブリーな建造物と、もっとも似つかわしくない映画を観た

                21世紀に甦る、リアル「蟹工船」。
                「フツーの仕事がしたい」
                土屋トカチ監督
                高松上映会


                坂出出身の旧知の友人
                O林ゆか女史から、上映運動に関わっており
                現在全国ロードショー中にて、高松によります
                との事だったので、ヒューマンの昼休みを勝手に延長して見に行った。


                テディ

                0
                  20081221101020.jpg
                  この中吊りのテディベア

                  デザイナーのパロディーか、アイロニーか?


                  はたまた、ベタなステレオタイプイメージで?

                  まさか!

                  まずいっしょ(-_-;)

                  トキワレディオステップ

                  0
                    20081015220432.jpg
                    公開録音です

                    スペシャルゲストが
                    平井たくや
                    小川淳也
                    やったけん見に行った

                    トキワサロン
                    いつも思うけど
                    ここの縦長はイベントやるスペースではないなぁ

                    換気がわるいんも手伝って、見る側のストレスが極度に高まる空間だ



                    肝心のトークはそれなりに面白かったが、飽きたので途中退出

                    ただお二人とも勘違いしてたのは
                    リスナーにとって、
                    民主党に入れるか自民党に入れるか
                    平井たくやに入れるか小川淳也に入れるか
                    ではなくて、
                    投票に行こうかどうしょうか
                    が、投げ掛けられるべきイシューではなかったか…

                    完全なマーケティングエラーというところか、
                    まあ、あれだけ両陣営のシンパが溢れていたのでは
                    そちら様向けのトークになるのはしゃあないか


                    結局、この好カードを用意した真鍋さんという方の手腕だけが突出した感のイベントだった


                    私的には、「政治」って、もっともっとエキサイティングでアクチュアルなもんだと思うんやけどなぁ
                    なんか冷めるわ

                    ミャンマーサイクロン災害に対する緊急募金について(オイスカより転載)

                    0
                      ビルマ(ミャンマー)のサイクロン被害
                      人災(温暖化・軍事政権)も相まって、空前の被害ですね。

                      喜捨にてお金やモノをドネイトしても
                      被災対象までなかなか届かないご時世
                      募金組織で、国内で、輸送途中、対象国にて・・・消える?

                      自分の頭で考えるに、信頼度は高いと思います。

                      この手の活動は、得てして「思考停止」に陥ることもあるので
                      気をつけてはいるのですが、やはり何か出来ることをしたいと思います。

                      四川省でも大災害が起こっていますし、単なるマスコミの扱う面積と時間で
                      自分の関心が移ろってしまわないように、メディアリテラシーと自戒の意味を込めて
                      敢えてMy Blogに書いておきます。

                      以下転載



                      平成20年5月10日
                      「ミャンマーサイクロン災害に対する緊急募金について」

                       新聞報道でご存知の通り、ミャンマーではサイクロンの被害で、死者2万2千人、行方不明者4万1千人、被災者総数150万人に上ると見られています。(一部報道では支社8万人とも伝えられています。)
                       9日にミャンマーから帰国したオイスカ阿部技術員によると、研修センター周辺地域では物理的な影響がないが、被災地のヤンゴン周辺は物流の拠点であり、物価が全国的に上昇し、今後、オイスカ活動に影響が出ることは必至だとのことです。ヤンゴンにあるオイスカ事務所で大きな被害はありませんでした。
                       被害のあったエーヤワディー管区出身のOB、OG研修生とはまだ多く連絡がついていません。四国研修センター出身者はサンダー(2001年)、ティー(2007年)です。ティーはミャンマーセンターに滞在していたので無事ですが、家族と連絡がとれない状況が続いています。

                       現段階では十分な情報が得られない状況であり、ミャンマー政府の援助活動に対する制限もある中でできることは限られていますが、今後、オイスカヤンゴン事務所を拠点に緊急支援を進めるべく、オイスカ研修生OB、およびオイスカ関係者と連携をとりながら、支援方法を検討します。軍事政権下で、国際協力 NGOの活動が制限されている中、ミャンマー国内で活動できる数少ないNGOとして、オイスカが被災地支援の役割を担うべきだと、オイスカ開発団からの連絡がありました。現地には、四国で長年、研修指導に当たっていた藤井啓介がいます。皆様、どうぞご協力お願いします。

                      支援活動募金 口座名
                      郵便振替:00160-6-23641
                      口座名義:財団法人オイスカ
                      通信欄に必ず「ミャンマーサイクロン」と明記してください。

                      尚、物資の支援につきましては、搬送が困難なこともあり、受付を行わない事とします。ご理解・ご協力の程、よろしくお願いします。
                      本件問い合わせ:財団法人オイスカ 組織部長 田中美津江、大木雅俊
                      TEL 03-3322-5161 FAX 03-5376-5337 E-mail tanaka@oisca.org


                      山口二郎さん講演@サンポート

                      0
                        DSC00193.JPG
                        ◆まちなか元気サミット2008◆
                        ―地域振興フォーラムin高松―

                        と銘打つイベントで、山口二郎さん講演があったんでそこだけ参加

                        大ホールはなんかお堅い人ばかりで、少し浮く

                        山口二郎さんは竹山徹郎さんのメルマガ「Publicity」でよく引用されて面白いので興味がわいた

                        地域に根付いて暮らすシビリアンとして、とても面白い話しだった
                        スコットランドに行きたくなった


                        それにしても110分で講師3人の講演セッティングってありなん?

                        話さす気も、聞かす気も、伝える気も、聞く気もない、アリバイ作りとしか思えん!


                        その後は、お客で高松駅近くにROOMとゆー、お菓子材料とインテリア雑貨ショップをしてるとこに寄って、姉のBirthdayプレゼントを買いがてら、社長とだべって、来週呑みの約束をする

                        明日はツレと温泉でも行こーっと

                        | 1/2PAGES | >>

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        293031    
                        << October 2017 >>

                        twitter

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recent trackback

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM