スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.10.26 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    転向しました〜1日宗旨替え〜

    0
      「アウトドア」





      そんなカテゴリー
      わたくしのブログにはありません!
      よって、近いところで「travel」に分類
      (どっちかというと「trip」かな)



      根っからのインドア派、アングラ派を自称しておるのですが
      もっとも場違いな、“アウトドア”で“サンシャイン”な場に迷い込む

      先週末、「アウトドア」と「IT」を森前首相でも為し得ない境地で
      実に有機的にミックスしている某IT会社社長森田桂治さんの主催する
      「仁尾フェスティバル」へ行って参りました

      サンセットシーカヤックなるものが格安で体験できるとのことで
      海上で揺られながらのビールもおつかなぁ、と深く考えもせず
      「ポチッ」
      ↑シーカヤック体験をネット決済でトランザクションしてしまう不思議!

      当日朝、市内で楽しい楽しい銀行交渉を済ませ、
      10/17(土)の高松渋さ知らズ公演のビラまきを何件か済ませ
      一路、さぬき浜街道を西に西に
      香川の誇る「太陽の町」仁尾町は、荘内ペニンシュラへ

      到着後、異様な日射に、早速ビールを立て続けに空け
      予約した17時まで、防波堤で海を眺めながら焼きそば&ビール
      そして、10/17(土)の高松渋さ知らズ公演にむけて
      「ナーダム」を聞きながらうたた寝、、、。


      目が覚めると、海面からウェットスーツのイケメンが上がってきて
      寝ぼけた頭で眺めていると、元気よく声を掛けられた!
      誰かと思えば、某STネットのKさん!
      ここにもIT系!?

      引き続き、開始時間に集合場所へ
      皆はウェットスーツ?ドライスーツ?
      なんだか本格的なスタイルでスタンバイ
      こっちは、着の身着のまま、濡れても乾くだろうスタイル

      二人乗りのカヤック
      同乗者は経験者のようで安心
      ワンポイントレクチャーを聞き、滑るように凪の瀬戸内へ

      おー
      早い早い!
      (ほとんどは後ろのベテランさんが漕いでるのですが)
      水面との一体感とスピード感に、余裕の絶景!
      時間を忘れていると、まさにサンセットタイムが訪れる、、、。

      これはすごい
      防水カメラがないので森田さんのサイトを参照ください
      いやいや、ファインダーを覗く数秒がもったいない!

      一人乗りで来たら、ビール積み込んで、そのまま遭難する自信あり!

      あっという間の1時間で
      「ブエナビスタァ〜」
      と叫びながらメイン会場に戻り
      ぼちぼち帰るかな、と冷静になると、、、。


      「呑んでるやん!」


      仕方なく、宿泊を決意
      ライブイベントがあるというので
      「夜」「音楽」「ビール」ならとってもファミリアー
      とばかりに、メイン会場へ

      なんと、サンカラン・フォリカンのKさんとジェンベ奏者三好東曜さん!
      遙か昔、四国学院でジェンベを教授頂いた我が師匠である!
      (因みに1時間程度、ほんでそれから一度もジェンベにさわったことは、無い)

      ビールをどんどん消費しながら踊る踊る
      liberalismで挫いて治りかけだった足が熱を帯びてくる

      その後はお約束で呑みすぎ、記憶は虚ろ
      鮮明に記憶(どっちや!)しているのは
      夜光虫とウミホタルの群生

      誰かが「きれいだよー」と云っているのを聞いて
      千鳥足で漆黒の浜辺へ
      懐中電灯代わりには iphone

      波打ち際を挫いた足で歩くと、
      一歩ごとに無数の小さな光が足首の回りで乱舞する
      少し離れたところで、一際明るい本当に蛍のような明かりが明滅
      まるで挫いた足を癒してくれているかのような、、、(治らんけど)

      手を入れてかき混ぜると砂粒が人口のライトを反射したかと思うほどの
      無数の光の粒が手の回りで、水の動きを可視化している

      千鳥足バランスを崩してケツから転んで
      バシャン!・・・・・ふと空を仰ぐと、、、
      これまた海面を映したかのような星明かりの洪水!

      こんなに美しくも、かそけき光に天地から包まれて
      ちょっとだけ心が清らかになった気がしました
      (ほんまにちょっとだけやけど)

      こればっかりは撮影も不可ですので
      体験するしかないでしょうね

      程なく車の中で毛布にくるまって爆睡
      翌日は、予想以上に、いや予想通りハングオーバー
      ぐるぐる回りながら焼かれて大きくなっていく
      手作りバームクーヘンを眺めて

      目もぐるぐる回りながら吐き気が収まるまで自省

      朝から盛夏を思わせる暑さと日射の中
      アルコールが抜けたのを確認して
      愛車PANDAでサンポートまで
      これまた10/17(土)の高松渋さ知らズ公演のビラまきに行ったのでした。

      森田さん
      関係者の皆さん

      貴重な体験の“場”をありがとうございました

      沙弥島一周の旅

      0
        photo.jpg
        旅って大げさなもんではなくて
        一時間程度の散歩

        下のを番の州の蹴球場に送ったあと
        ふらりと寄り道

        実は初めての沙弥島

        海の絶景は言わずもがなですが

        休校となっている沙弥小中学校の
        映像のような佇まいが
        なんとも言えませんでした。


        異国の異人

        0
          20090509145324.jpg
          外国人向けの、はとバスツアーに潜り込んで

          隅田川クルーズ中

          「四国は異国」ならぬ
          異国Tokyoを異人として漫遊


          だって、いつだって観光ってのは異人向けのものだから

          おらが自慢じゃあ来んやろー

          20090509165222.jpg
          浅草寺の仲見世通り


          20090509165503.jpg
          皇居正面
          大手門

          いやぁ
          学生んときは
          皇居周辺なんて
          チャリ停めただけで職質されてたのになぁ

          警察に微笑まれちゃったよ
          まさに異人気分


          それにしても、ジョギングしてる人の多いこと!

          ある意味、すごいなぁ



          さて
          これから、哀悼の同窓会に参加の為
          一路懐かしの神楽坂へ…。

          トランジット中・懺悔中

          0
            香港で6hr待ち

            あと1hrで一路Denpasarへ

            今朝お仕事でフォローしていただいた皆様

            Souvenir期待下さいm(__)m
            (懺悔)

            てくてく瀬戸内サンセットクルーズ

            0
              20090429195310.jpg
              てくてく歩いたわけではないんですが
              1000円とリーズナブルなんで
              パートナーとクルーズデート


              今年の夏は
              中学のいくつかの学年併せて
              女木島で同窓会をしようと盛り上がったが
              果たして実現するのだろうか

              女木の同級生連中をまきこめるかが鍵やろうなぁ

              20090429201457.jpg
              男木島灯台

              20090429201635.jpg
              岡山方面
              サンセット

              20090429201750.jpg

              20090429201930.jpg
              ただいまぁ

              ちょうど一時間くらいかな

              ビールとオリーブ漬でも出れば、3000円は出せる!

              ただいま&あけましておめでとうございます

              0
                 とりあえず無事に帰国

                20090102132458.jpg

                デジカメを持って行くのを忘れて、すべて携帯撮影です
                新年カウントダウンというミーハーな記録は
                うまくとれてないので、skynewsより拝借





                TAOでは下(げ)の下(げ)

                0
                  photo.jpg
                  道教の霊験灼かな寺院を訪ね
                  観光客よろしく、お神籤をひく

                  まわりで、地に頭をすりつけて
                  何度も何かを唱えながら
                  筮竹を振っている人々を尻目に

                  気楽に筮竹の束を振る

                  自然に落ちて来た最初の筮竹の番号が
                  お神籤の内容らしい


                  >
                  > わたしは93番でした。
                  >
                  > もらった神籤の紙には
                  > 何が書いてあるか分からない
                  >
                  > タダなのだが、地元の人にも分からない
                  > 抽象的な詞らしい。
                  >
                  > 占い場に行って解釈してもらう
                  >
                  > ここからは金を取られる
                  >
                  > 結果は、、、
                  >
                  >
                  >
                  >
                  >
                  >
                  > 「下(げ)の下(げ)」
                  >
                  >
                  >
                  >
                  >
                  > (;゜0゜)
                  >
                  >
                  >
                  >
                  >
                  > 卜者の拙い日本語で
                  >
                  > 「来年は、投資ダメ、転職ダメ、ポウケン(冒険)全部ダメね!」
                  > 「下(げ)の下(げ)ね!」
                  >
                  >
                  >
                  > そりゃあないでしょ〜
                  >
                  >
                  >
                  >
                  >
                  > 招福のお守り札を買わされて
                  > taoの聖地を後にした、、、
                  >
                  >
                  >
                  > おもいッきり肩を落として、、、
                  >
                  >
                  >
                  >
                  > 来年は「無為自然」に徹します。

                  人違い

                  0

                    街角で、全く知らない人から
                    ものすごく懐かしそうに、親しみを込めて
                    話し掛けられる

                    どう見ても、キャッチや呼び込みではない

                    拙い英語と身振でお断りして、
                    その場を失礼する

                    どうも地元の人に見えるようだ


                    | 1/1PAGES |

                    PR

                    calendar

                    S M T W T F S
                         12
                    3456789
                    10111213141516
                    17181920212223
                    24252627282930
                    31      
                    << December 2017 >>

                    twitter

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    recent trackback

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM